大きく分けて4つの成分がある

睡眠の質を上げるグリシンとテアニン

一口に睡眠サプリと言っても配合されている成分によってその効果は大きく異なります。 その中でも睡眠の質を高めてくれることで知られているのがグリシンとテアニンです。身体を休めるレム睡眠と脳を休めるノンレム睡眠を正しいサイクルで行うことは睡眠をとる上で最も大事なポイントと言っても過言ではありません。グリシンはノンレム睡眠に行き着くまでの時間が短縮されて深い眠りを実感できるのが特徴です。 テアニンは緑茶などでお馴染みの成分で、リラックス効果によるストレスの緩和が期待できるとされています。これにより脳が眠りやすい状態を作りやすくできて寝つきを良くすることが可能です。その結果、目覚めた時に爽快感を得ることができます。

自然に深い眠りを実現させることができるトリプトファンとハーブ

睡眠の質を良くするための大事な成分の一つにトリプトファンが挙げられます。あまり聞き慣れない成分で内容について知らない人も多いかもしれません。トリプトファンは脳の中でメラトニン、セロトニンと呼ばれるホルモン物質を作る大事な役割を持っています。セロトニンは精神的ストレスの抑制や精神の安定、メラトニンは快適な眠りをもたらしてくれるホルモンです。
トリプトファンが不足してしまうとストレスが溜まりやすくなってしまうため、この成分を含むサプリメントを選ぶことが大切になります。
そして忘れてはいけない睡眠サプリの成分がハーブです。ハーブは古くから健康的な体を作る上で様々な形で活用されている植物で、睡眠では香りによるリラックスや睡眠の質を上げる効果が期待できます。

© Copyright Improve Your Sleeping. All Rights Reserved.